GoodLifeNavi

Good Lifeを送るための記事を書きたくて始めたが、結局はサラリーマンブロガーの雑記ブログ

暮らし

最強のストレス解消法、それは!?

2019/07/29


最近疲れてます。相変わらず仕事が多く、常にマルチタスクと判断を迫られることが多くストレスフルな毎日です。マジで逃げ出したいことだらけ。心の中で、「メンタル崩壊~♬」と明るくつぶやくことで、何とか持っている毎日。

ライブが好きなのでお気に入りのミュージシャンのライブに行ってストレス解消したりしますが、そんなに毎月ライブがあるわけではない。他になんかストレス解消ないかな~と考えていた時、いつも聞いてるラジオ番組でリスナーがやっているストレス解消法が紹介されました。あるリスナーは毎週、泣ける映画を見て、ストレス解消をしているという内容が紹介されました。

スポンサーリンク

ad

泣くことって本当にストレス解消になるの?

確かに、感覚的には泣くとストレス解消になることはなんとなくわかっていたのですが、泣くことがストレス解消に本当につながるかどうかを調べてみました。

心を揺り動かされる体験で、共感脳が激しく 興奮したときに、その信号が下行性の司令となって、脳幹の上唾液核に入力されると考えられる。その副交 感神経の活動亢進が、涙腺から大量の涙を分泌させ、 それが目から溢れることになる。

ストレスと生活  6  涙とストレス緩和
有田 秀穂 Arita Hideho
東邦大学医学部統合生理

交感神経とは緊張状態の時に優位になる自律神経で、副交感神経とはリラックスしている時に優位になる自律神経です。つまり感動して泣いたりすると副交感神経が優位になり涙がでるとのこと。ふむふむ。またこの論文には涙がストレス解消になることも記載されています。

ストレス緩和の通常の方法は、安静や睡眠などによ ってリラックス状態を発現させ、その結果として交感 神経緊張状態を緩めることである。これは、いわば消 極的なストレス緩和であろう。号泣はむしろ激しい情 動行動であり、リラックスとは逆である。にもかかわ らず、号泣後にはスッキリ爽快の気分が現れる.号泣 は,覚醒状態にありながら、積極的に副交感神経優位 の状態を発現させて、ストレス緩和に寄与するものと 考察される。


ストレスと生活  6  涙とストレス緩和
有田 秀穂 Arita Hideho
東邦大学医学部統合生理

ふむふむ。やっぱし泣くのはストレス解消に良いってことね!

ということで、手っ取り早く泣くために、泣けそうな映画をレンタルしてみようと、取り合えず毎週1本ずつ泣けそうな映画を見ました。まだ3本しか見てませんが、結論から言うと3本とも泣きました。涙の雫がヒラヒラと数粒頬を伝って零れ落ちるほど泣きました。そして泣くと、やっぱそストレス解消になる!

ということで、泣いた映画3本をここからは紹介!

君の膵臓を食べたい

なんか、2年前くらいにこの映画が話題になっていたのはなんとなく知っていたのですが、10代の恋愛映画を見ても、なんか響くものあるのかと疑問に思っていましたが、仮に泣けなくても主演女優である「浜辺美波」は綺麗だし、目の保養になるか位の浅はかな気持ちで最初に見たのがこの映画。

結果、号泣

浜辺美波がみせる様々な表情と、人と人とのコミュニケーションのあり方、生きるとはどういうことかを再度認識させられました。僕が常々感じている面倒くささの向こう側にしか喜びはなく、その面倒くささと向き合うことが生きることだと、教えられた気がします。

コーヒーが冷めないうちに

とある喫茶店で、特定の席でコーヒーを飲むと、そのコーヒーが冷めるまで、自分が望んだ時間に行けるというお話。好きな女優である「波留」も出演しているということで見ました。

結果、大号泣

松重豊と薬師丸ひろ子のベテラン俳優とのあるやりとりのところで大号泣。ネタバレになるので詳細は伏せますが、松重豊が薬師丸ひろ子に対して「大丈夫だよ」という声をかけるシーンで涙腺崩壊。と同時に、「大丈夫だよ」っていう言葉の強さを知りました。僕自身も誰かに「大丈夫だよ」って言ってあげられる人間になりたいと強く感じました。

聲の形

原作は漫画です。マガジンの読み切りで話題になった際に、ネット界隈で話題になっていたので、その時のマガジンは買いました。その後、週刊連載になり、漫画としては全7巻で完結した作品です。週刊連載になってからは読んでいないですが、キャラクターの絵も好みの絵だし、読み切りで読んだときは、結構考えさせられることが多かったので映画で見てみました。

結果、号泣

耳に障害を抱えて生きる女の子の話です。観ていて心が痛くなるシーンもありますが、泣けました。僕も生まれた時から患っている病気があるので、なんとなく気持ちが分かる気がしました。とても短絡的で稚拙な表現しかできないですが、「皆がハッピーになれる世界があったらいいのに」と心から思いました。

ということで、まだ3本しか見てませんが泣くとやっぱりすっきりします。なんだか心が洗われたようなきがします。ストレスでいっぱいの方には意図的に泣ける映画を見て泣くことをお勧めします!ぜひ、おためしあれ。

-暮らし