GoodLifeNavi

Good Lifeを送るための記事を書きたくて始めたが、結局はサラリーマンブロガーの雑記ブログ

ロック 音楽

夏の終わりに聞きたくなる曲

2016/09/05


end of summer 暑かった夏が終わりますね。東京は昼間はセミがかすかにまだ鳴いている時間帯もありますが、気温は日に日に下がり秋の訪れを感じずにはいられません。

夏の終わりに聞きたい曲

夏から秋へと季節が移行して行くこの時期がなんとなく寂しく感傷的な気分になる人も多いのではないでしょうか。今日はそんな夏から秋へ向けて、夏の終わりを感じさせる曲を選曲してみました。

スポンサーリンク

ad


photo credit: Nick Kenrick. poor internet. soon will comment etc via photopin cc

夏の終わり/森山直太朗


今回のブログのタイトルに最もふさわしい曲ですね。本当にこの曲を聞くと感傷的な気分になり切なくなります。まさに夏の終わりを音楽で表現されているなと感心してしまいます。あと、この曲を聞くと昔放送されていた「まんが日本昔ばなし」をなんとなく思い出します。

若者のすべて/フジファブリック


この曲がリリースされた当時は、どうしてフジファブリックがこんな綺麗な曲を歌う必要があるのだろうと疑問に思っていました。フジファブリックの強みはへんてこなメロディーとアレンジとボーカル志村の独特の言い回しによる歌詞なのだから、こんな綺麗なタイプの曲は他のバンドが演奏すればいいのにと思っていました。しかし、ボーカル志村が亡くなってからこの曲を聞くととても哀愁を帯びた志村の歌声が心に響き、この曲はフジファブリックにしかできない曲なんどと考え方が変わりました。
また、私の一番大好きなロックミュージシャン吉井和哉もこの曲が大好きだと言っていました。吉井さんが幼くして亡くなられた父親の病室から花火大会の花火が上がっていて複雑な気持ちになったらしいのですが、「若者のすべて」に出てくる「最後の花火」というフレーズが好きだとのこと。

吉井和哉/SHINE AND ETERNITY


一番好きなロックミュージシャンとして吉井さんをあげましたが、吉井さんの曲の中でも夏の終わりを感じさせる曲がこの曲です。歌だけでもなんとなく切ない夏の終わりを感じますがPVの明るい映像を見るとなお感じます。
吉井さんの曲では珍しいサビの部分がラップっぽくなっているのが特徴的な楽曲です。

BSSE BALL BEAR/線香花火


学生時代の甘酸っぱい感じを表現させたらこのバンドの右に出るものはいないのではないでしょうか。「SCHOOOL OF LOCK」という10代向けのラジオ番組とコラボした曲です。花火の中でも線香花火は光を放つ時間が目に見えて小さくなり、最後はポツっと光の塊が地面に落ちていくさまが、夏の終わりを感じさせると思いますが、その線香花火がタイトルになっているので、聞いていると胸が締め付けられるような気がします。そして学生時代を懐かしく思い出しながら聞くことができる、そんな一曲です。
あと、このPVに出演している「橋本愛」はとても綺麗な表情ですね(橋本愛って見るたびに顔が変わる感じがするのですが、このPVの橋本愛はとても綺麗ですね)

エレファントカシマシ/風に吹かれて


夏の終わりっていうよりも秋の曲ですね。この曲が発売されたのも11月ですから。ただ、この曲に出てくる「風」が夏から秋にかけて段々と寒さを含んだ風に変わっていく感じを表現しているように自分は感じます。温かいところ(優しい場所)から冷たい季節(これから始まるまだみぬ景色)へ移行時にふく生暖かい風を感じずにはいられません。

2014年も残り4ヶ月ですね。温かい夏が終わったのはさみしいですが、終わりゆく夏を憂いながら、残りの4ヶ月も頑張って乗り越えましょう!

-ロック, 音楽