GoodLifeNavi

Good Lifeを送るための記事を書きたくて始めたが、結局はサラリーマンブロガーの雑記ブログ

ロック 音楽

伊右衛門はお茶だけじゃない!再集結したバンド、The Yellow Monkeyもイエモンだ!

2017/01/11


イエモン

スポンサーリンク

ad

イエモンって何かね?

今年の1月8日に伝説のバンドであるTHE YELLOW MONKEYの再集結が発表されました。

新しいホームページが開設され、アリーナツアーも発表されたにも関わらず、特にメンバー本人たちからのコメントやメディア媒体に露出することもなく往年のファンはモヤモヤしていたと思います。

しかし!!

15年ぶりのライブである代々木国立体育館でのライブを皮切りに活動が本格的になってきました。戻ってきたTHE YELLOW MONKEYがいかにSUPERなバンドであるかを往年のファンにも、今の若い子たちにも知ってほしい。

イエモンって言えば「あ~飛行機落ちたの歌」歌ってる人とか、ボーカルが眞鍋かをりと結婚したんでしょうとか「伊右衛門?、お茶の話?」って人もいるでしょう。

イエモンとはThe Yellow Monkleyの略称。90年代に活躍した邦楽ロックバンド。歌謡曲とロックが融合した唯一無二のロックバンドです。
初期はグラムロックとよばれる部類に属していたと思いますが、後期ではJ-POPに上手く迎合することにより大衆に受け入れられ、それでも独特の艶やかさを持ち合わせたバンドになりました。詳しくは、以前書いたこの記事を見てください。

実際のライブの感想

今までリリースした8枚のオリジナルアルバムから2,3曲ずつチョイスされたセットリストでした。全24曲を披露。

エマの神がかったギターソロから始まる4thアルバムに衆力されている「空の青と本当の気持ち」が終わった後に、メンバーがはけていきました。あれ、これで本編終了と思いきや、スクリーンに映像が流れ始めました。

さっきまで行われたいたライブの様子が逆再生され、どんどん時間が巻き戻されていき1月8日まで遡ります。そして、スクリーンにはある文字が・・・

「夢の続きを見に行きましょう」

そして、メンバーが再び登場し、新曲の「Alright」が始まります。吉井さんの「準備オーライか?」という煽りに会場中が大興奮に包まれます。今回のライブで一番テンションがあがった瞬間でした。

ALRIGHT
THE YELLOW MONKEY
2016/10/19 ¥250

「今ここで、こうしていることが奇跡と思うんだ」という歌詞がAlrightにはあります。イエモンの4人がこうして集まっていること、そして15年の時を経て、そのイエモンのライブに参加しているファンのみんな。そう、これは奇跡としかいいようがない。

吉井さんはソロの活動が充実していたし、ソロの時の求めている音楽がイエモンとは違っていたので、もう2度とイエモンを見ることができないと思っていたから余計感動しました。15年も待たせやがって、俺もう30歳超えちゃったじゃんと、この15年の時を感じました。

ザ・イエローモンキーの15年以上ぶりのこの新曲は、いかにイエモンのロックが独自なものだったかを思い知らせてくれる。

ロッキング・オン・ジャパンの編集長は新曲に対して以下のようなコメントをしています。

ザ・イエローモンキーがいなかった15年間、彼らが君臨していたその空席に座れた者は誰もいなかったのである。

この曲は一発でそのことを証明している。

山崎洋一郎編集長日記
「イエモンの新曲「ALRIGHT」を聴いて僕はこう思った」より

平均年齢50歳を超えているこのバンド!今年は沢山の夏フェスにも参加予定です!

とにかく早くアルバムが聞きたい!ロッキング・オン・ジャパンで、これからずっとイエローモンキーを続けることを語ってくれています。

ただ、正直なところ今回のツアー以外、あまり詳細な動きを決めてなかったっぽいので、新しいアルバムは気を長くして待つしかないですね。

このロッキング・オン・ジャパンには再結成のきっかけの話なども記載されており読み応えがあります。何よりも、またロッキンの表紙に、この4人がなったことが奇跡です!

90年代にリアルタイムでイエモンを聞いてこなかった世代の人たちも、これを機に、聞いてみてください!!
ロックファンのあなたなら、絶対何か心に心地よくも大きな爪痕を残してくれますよ♪♪

イエモン-FAN'S BEST SELECTION-[初回盤 CD+DVD]
THE YELLOW MONKEY
日本コロムビア (2013-07-31)
売り上げランキング: 811

-ロック, 音楽